地方在住パパのTOEIC学習記

TOEIC 300点台から独学で800点を超えを達成した記録

TOEIC公式みんなで模擬試験は何故盛り上がっているのか?

久しぶりにTOEIC界が活気に溢れています!

まるで公開試験のような盛り上がりを見せた、「TOEIC公式みんなで模擬試験」

ETS公式ということで、私も数週間前から心躍らせて臨みましたが、撃沈しました(泣)

今回はその模擬試験が何故盛り上がったのか、考察レポートを書いてみました。

 

ちなみに、私はETSの懸賞でTOEICカレンダーが当たって喜びまくっていたところを嫁に白い目で見られているぐらいのTOEICファンですので、

一般の感覚とは少々ズレたレポートになること、あらかじめお断りしておきます。

---

TOEIC公式みんなで模擬試験って何?

www.iibc-global.org

新型コロナの影響で、ずっと中止が続いているTOEIC公開試験。

そんな中、学習者のモチベーションが下がることを懸念して、力試しの機会として設けたようです。

無料で受けられるので、TOEICってどんな試験?という初受験者でも気軽に試せます。

 

TOEIC公式みんなで模擬試験は何故盛り上がっているのか?

ただの模擬試験なのにどうしてここまで盛り上がったのかを考察してみましょう。


公開試験がずっと開催されていないから

毎回受験をしているTOEICerはもう我慢の限界でしょう。TOEICが呼吸みたいな人たちも居ます。

公開試験は通常ですと毎月行われていますが、新型コロナの影響で3月からずっと開催されていません。

そんな時にETSが動いたワケです。

開催日もちょうど日曜の13時からという、公開試験と全く同じ曜日、時間に当ててくる辺りが粋ですね!


ETSがリアルアイム模試をやるのは非常にレアであること

ちなみにETSは日本では過去問を公開していませんし、(韓国では販売している模様)

私の知る限りリアルタイム模擬試験も行っていません。(過去にやっていたら情報ください!)

そんなETSがこの未曾有の事態に重い腰を上げたのです。

また、リアルタイム模試は試験の雰囲気を出すのにはもってこいの企画です。

Twitter界では、部屋に試験会場と貼り紙をしたり、リアルな問題冊子を再現すべく、印刷にもこだわった方も見かけました。

 

TOEIC知らない人からすれば、「何やってるんだこの人たち」と思いますが、TOEICerからすれば、「それ面白い!」、「いいね!」とツボにハマりまくりなのです。


未公開問題であること

好きなアーティストが未公開楽曲を公開すると嬉しいように、TOEICerは未公開問題と聞いただけで心が躍ります。

ETSさんも、過去問を公開するだけなら簡単なのに、わざわざ手間かけて未公開問題を投入してきました。

でも、過去問の場合はその問題を受けたことがある受験者にとってはちょっとだけ有利に働きます。

(答えは公開されないのでそれほど大きなアドバンテージではないと思いますが)

よって未公開問題ということは、みな同じスタートラインで受験ができる何とも平等な取り計らいでしょう。


無料であること

ここまで素晴らしい模試なのに、更に無料!? もうTOEICerにとっては多少の疑心暗鬼になるぐらいのサービス精神ですね。Good job ETS!

ちなみにETSが公式で販売している問題集は2模試付いていて3000円ほどします。 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6

 

 1模試当たり1500円ですね。

私みたいな小遣い制学習者には少々Expensiveなわけです。そんな中、無料で1模試プレゼントという何とも大盤振る舞いな企画なのです。

みんなに1500円配ってるようなものですので、今話題のお金配りおじさんならぬ、「模試配りおじさん」ですね。

 

私の結果

と盛り上がった模試ですが、恥ずかしながら、私の結果をここで書いておきます。

はい。悪かったです。最後に受けた公開テストより40点ほど下がってます。

細かく結果を書きますね。

Part1 6/6
Part2 20/25
Part3 31/39
Part4 25/30
Part5 27/30
Part6 9/16
Part7 43/54

Listening 82/100

Reading 79/100

スコア換算値 770 - 815

リスニングでPart3/4が正答率が落ちてます。シチュエーションの把握に躓いた問題があったのが影響していますね。

今まではPart5の回答スピードが上がらない上に、ケアレスミスで足を引っ張っていましたが、今回は意外と自分にしては高得点でした。

その分Part6がボロボロでした・・・やっぱり長文挿入問題は難しいですね。

Part7は最後まで解き切りましたが、中盤が少し失速しました。

TOEIC学習から離れていたのがそのまま反映されているような形ですね。


と、書いていて何となく暗いテンションになりましたが、模試の良いところは復習できるところですので、今回ダメだったポイントをじっくり叩き直したいと思います!

 

企画としては本当に素晴らしいものでしたね!

今後も年に1,2回で良いので、開催してほしいです。

過去問でもよいので。贅沢は言いません。1000円ぐらい払いますから。お願いします!

失礼いたしました。思いが溢れてしまいました。

では、またTwitterでお会いしましょう!

 

今回紹介した模試は2020/8/31まで公開されているようですので、まだ受験していない方は早く受験してこの波に乗りましょう!

www.iibc-global.org

英語学習コーチングを受けました

現在ランサーズの翻訳ブートキャンプというものに参加中ですが、その講師の方から個別で英語学習について30分程度のコーチングが受けられ、しかも無料というのでお願いしました。

 

この講師の方は、翻訳の第一人者でありながら、TOEIC965点や、英検1級、国連英検A級などを持っているツワモノで、こういった方に直接アドバイスを受けられるというのはまたとない機会です。

 

今回は、そのコーチングを受けた内容をまとめる意味をこめて、記事にしたいとおもいます。

メモなので、箇条書きで書いていきたいと思います。

 

私の相談した内容は、

  1. 速読力をアップしたいのですが、ただ大量に読むというというのはモチベーションが続きません。具体的なトレーニング方法や続くコツなどを教えていただければ。
  2. 単語を覚えるのに、どのようにしておりますか?参考までに教えてください。

という2点です。

それでは、一つづつまとめていきたいと思います。

 

速読力をアップしたい

日本語でも速く読めるか?

日本語で読むスピードを英語が超えることは決してないので、多少遠回りでもまず日本語の速読力を上げる必要があるとのこと。

遅く読んだら理解できるか?

ゆっくり読んで正確に意味を取れる文章なのかを確認。速読は、精読ができる前提でしかできない。わからない表現は必ずその場で調べる。

文章は毎回全部読む必要はない

大切なことがどこに書かれているか、それを嗅ぎ分ける力がついてくると、読む速度も上がってくる。それにはやはり読む量が必要。

量を読むことで、おなじみの表現や文脈が身についてくる。

文法力は盤石か?

文法力が全ての基礎。正確に意味を取るにはどうしても必要になってくる。

基礎的な文法力があるなら、ステップアップとして少しレベルが高いが、こちらがオススメ。

英文解体新書: 構造と論理を読み解く英文解釈

英文解体新書: 構造と論理を読み解く英文解釈

 

 

単語を覚えたい

覚えるときには類義語や対義語を一緒に覚える

そうすることで、リンクして記憶できるので一度にたくさんの単語を覚えられる。

Like <-> Dislike ≒ hate など。

類義語は、使う場面などの違いまで調べておくとベター。

似ている語句をチェック

complement と complimentなど、似ている単語は間違いやすいので、区別できるようにしておくと良い。

どうしても覚えにくいものはその単語を使って例文を作ってみる

ノートなどにその単語を使った例文を書いてみると良い。

その例文を作るときに、必要な単語を調べることでさらに単語を追加で覚えられることも。

さいごに

ここ最近学習で悩んでいたことがスッキリしました。

早速単語学習は取り入れていきたいと思います。

また、速読はとにかく読むことですが、なんだか論理的になぜ大量に読む必要があるのかということがわかったので、今後はモチベーションを持ってできそうです。

TOEICの点数を上げたいが、何から手を付けたらよい?

TOEICの点数を上げたいが、一体何から手を付けたらよい?」

 

これは、私がTOEICの学習を始めようとしている方から、最も良く受ける質問です。

 

TOEICの点数を上げたい理由は様々かと思います。

 

「就活を有利に進めたいから」

「昇進に必要だから」

「海外で仕事をするチャンスをつかみたいから」

 

などなど。

 

どんな目的であっても、目標点数が同じであれば、学習方法は特に違いがありません。

 

TOEIC学習でまず最初に手を出すべきは

 

「語彙力UP」

 

これに尽きます。どんな方にもまずはこれをオススメしています。

 

語彙力、つまり知っている単語、フレーズを増やすことは手っ取り早くスコアを上げるための近道です。

 

TOEICはそもそも問題と質問を読めなければ始まりません。

 

全く知らない単語のオンパレードでは、塗り絵するしかなくスコアは期待できません。

 

そして、文法が怪しくても、単語毎の意味を知ってればなんとなく理解できます。

 

例えば日本語で

 

「英語 勉強 点数 方法」

 

のように、助詞がなくて単語が並んでいても言わんとしてることはわかります。

 

語彙力UPでオススメしたいのが、「金のフレーズ」通称「金フレ」です。

 

 

TOEIC学習者必携の王道単語帳です。この単語帳だけでTOEICに出てくる単語の大部分をカバーできます。


まずはこの金フレを1周することを目標に頑張ってみましょう。

 

1周目はスクリーニングと言って、わかる単語とそうでないものを分別する作業です。

単語を見て即答できないものはわからないものとします。

 

分からない単語が多くても腐らずに、とにかく1周しましょう。2周目からようやくわからない単語を覚える作業に入っていきます。

 

abceed analyticsというアプリを使うと効果的にスクリーニングできますよ!

 

さらに、アプリを使えば同時に発音も流れますのでリスニングの対策もできて時短になります。オススメの学習法です。

 

 abceed analyticsについては、下記の記事で紹介しておりますので、気になる方はご覧ください。

toeikuro.hatenablog.jp

 


単語は地味ながら進捗が見えやすいので、学習の目標を立てやすいです。

 

また、細切れの隙間時間を活用しやすく、生活に溶け込んだ学習を習慣化するのに一役買ってくれます。

 

語学学習において、習慣化は非常に強力な武器です!

 

まずは金フレを1冊やり遂げることを目標に、TOEIC生活をスタートさせてみてはいかがでしょうか。

iPhoneを英語化しちゃった話

先日、Twitterのとある方がiPhoneを英語化したという呟きを見て、自分も試してみました。

f:id:toeikuro:20200125204241p:image

毎日使うスマホを英語化することで、少しでも英語に触れる時間を増やそうという目論見です。

 

自分もやってみたい!という方のために、手順を載せて置きます。

 

iPhoneを英語に切り替える手順

まずは、設定を開いて、一般を選びます。

f:id:toeikuro:20200125204842j:image

次に下の方から言語と地域を選択します。

f:id:toeikuro:20200125204907j:image

次は一番上のiPhoneの使用言語をタップ

f:id:toeikuro:20200125211351j:image

そして、英語を選びます。今回はアメリカ英語。

f:id:toeikuro:20200125211420j:image

これで画面が変わり、しばらくすると全て英語に切り替わります。

 

日本語に戻す方法

一応元に戻す手順も記載しておきますね。

設定画面からGeneralを選びます。

f:id:toeikuro:20200125205159j:image

次にLanguage & Regionを選びます。

f:id:toeikuro:20200125205215j:image

iPhone Languageを日本語にします。

これで元通りです。

 

他のアプリは日本語にしたい場合

この設定をすると、多言語対応がされているアプリは全て英語になってしまいます。

よって、特定のアプリは日本語にしたいというケースもあります。

大抵のアプリは下の方法で変えられます。


例としてFacebookなら、これまたiPhoneの設定のトップから、下のほうに行くとFacebookがあると思います。

f:id:toeikuro:20200125210628j:image

選んだら、ここから言語を、変えられます。

f:id:toeikuro:20200125210420j:image

TwitterGoogleマップなどもこれで変えられますので、お試しください。

 

さいごに

日本は海外に比べ圧倒的に英語に触れる時間が少なく、意識して触れていかないと英語力が伸びにくいです。

こういった身近なところから機会を増やすことで、英語に対する抵抗も薄れていくと思います。

 

要は慣れですので、是非試してみてください!

 

 

アプリ学習を始めていない方には是非一度abceedを使ってみてほしい理由

 TOEIC学習をしている方なら1度は聞いたことがあるであろう「abceed」

TOEIC学習アプリとして広く普及しており、その評判は上々。

なぜこれほど評判が良いのか。その理由を綴ってみたいと思います。

特に紙教材信者の方には読んでいただきたいです。


 アプリ学習のススメ

まず、abceedの説明の前に、アプリ学習のメリットを紹介します。

紙学習ですと、本を読みながら、音声はスマホなどで聴くことが多いと思います。

アプリ学習になると、これらがスマホだけになるので、始めるハードルが下がります。

スキマ学習においては、ここが結構重要でして、空き時間を見つけるたびに本を開いてというのはなかなか難しいです。

そこに煩雑さがあると、段々と勉強をやらない日が増えていき、挫折の原因になります。また、分厚い教材になると持ち運びが大変!
出先で急に出来るスキマ時間に狙って本を持ち歩くのはなかなか難易度が高いです。


そういった欠点を補ってくれるのがアプリ学習です。

スマホは大抵何処に行くにも一緒。ちょっとしたスキマ時間にいつでも学習ができてしまいます。

移動中の電車はもちろん、飲食店の待ち時間や、休み時間など。

こういった時間を味方に付けることで、学習スピードは格段にUPしますし、習慣化に一役買ってくれます。

f:id:toeikuro:20200116212629p:plain


また、単語学習においても強力で、学習が必要な単語を洗い出す「スクリーニング」の作業が非常に捗ります。

f:id:toeikuro:20200116211859p:plain

画面に出てきた単語を知ってるかどうか仕分けしていって、残った単語を集中的に叩くことで、効率的に語彙力をUPさせられます。

それと同時に音声の読み上げを使えば、発音もチェックできるので、一石二鳥。少ない時間を有効活用できます。


至れり尽くせりのアプリ学習。良い時代になったものです。

紙教材信者の方でも、単語はアプリにするといった具合に上手に使い分けることで、学習速度を加速できるかと思います。

前置きが長くなりましたが、アプリ学習の良さは分かって頂けたでしょうか?

ここからはそんなアプリの中でも最強のTOEIC学習ツールと呼び声高い、abceedの魅力をお伝えしていきたいと思います。


abceed analyticsの良さ

f:id:toeikuro:20200116212849j:plain

abceed(アブシード)analyticsは語学学習アプリです。iOSAndroidタブレットなどマルチデバイス対応。

つい先日、会員数が100万人を突破したとニュースになった人気アプリです。

このアプリが高評価を受ける理由は以下です。

  1. 教材の良質さ
  2. インターフェースの良さ
  3. 紙教材にも対応している
  4. AI学習(abceed Unlimited)

それでは、1つづつ深堀りしていきます。

1.教材の良質さ

abceedは他の語学学習アプリと違って、自前の教材はなく、巷で売られている教材のabceed版をアプリ内で購入するという形になっています。

金フレ、でる1000、特急シリーズなど、非常に評価が高い良質な教材が購入可能です。

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ) TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問 1駅1題  新TOEIC TEST文法特急

価格は紙版より10%前後安いのが相場。

たまにセールで半額になったりします。

また、教材を既に持っている方は「紙割」というのがあり、お安く購入できます。

裏打ちされた実力がある教材を使えて、さらに安く購入できるというのは大きなメリットです。


2.インターフェースの良さ

ここまでだと、Kindleなどで電子書籍版を購入すれば良いのでは?と思う方も居るかもしれません。

しかし、abceed版は教材の長所を生かす操作性が魅力です。

電子書籍版だと、問題を解く時には回答を手元のノートなどに書く必要がありますし、

音声を再生するのには別アプリを使ってバックグラウンドで再生する必要があります。

これが億劫になって、どうしても音声を聴くことが疎かになりがちです。


しかし、abceedは教材を読みながら、問題のページに行くと、その場でクイズ形式になり

f:id:toeikuro:20200116212524p:plain

回答をタップすると、即座に答え合わせが出来てしまいます。

もちろん答え合わせ時には、教材の解説ページを伴って表示できるので、非常に使い勝手が良いんです。

f:id:toeikuro:20200116212304j:plain

このように、目と耳で学習できるので、学習効率が高いです。

素晴らしい教材に更に磨きがかかることになります。


3.紙教材にも対応している

abceedは何もアプリ内で教材を買わないと何もできないわけではありません。

教材を買わなくても、対応している紙教材の音声を再生したり、答え合わせマークシートは無料で使えます。

f:id:toeikuro:20200116212346j:plain

対応している教材限定ではありますが、例えばTOEIC公式問題集や鬼変など、メジャーな教材に対応しています。

 

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5   TOEIC(R)L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング2 (TTT速習シリーズ)

公式問題集のマークシート機能は、一瞬で正答数が出るので非常に便利ですよ。(公式問題集は音声非対応)

 

今持っている資産が無駄にならないのはメリットと言えます。


4.AI学習(abceed Unlimited)

これは月額課金にはなりますが、abceed版の有名教材の数々からオススメ問題が選ばれ、

その回答から弱点などを分析して、その人毎にカスタマイズされていく機能です。

予測スコアも出るので、常にスコアを意識しながら取り組むのが楽しいです。

f:id:toeikuro:20200116212753j:plain

元は有名教材なので、問題は良質。

少し値段が高いのが難点ですが、たくさんの教材を買うよりは安いかと思います。

 

abceed unlimitedプラン

1ヶ月:1,500円/月

3ヶ月:3,800円/3カ月(1,266円/月)

1年間:12,000円/年(1,000円/月)

 

学習を始めたいけど、どの教材を使ったらよいか分からない!という方にもピッタリではないでしょうか?

おわりに

語学関係アプリはabceed以外もキクタン、mikan、POLYGLOTS、English upgrader などなど色々使っていました。

ただ、長く続けられたのはabceedだけでした。

TOEICの点数を上げたい所から学習を始めているので、特化しているアプリであることもそうですが、やはり上記で紹介した魅力の数々からです。

abceedもトライアルができますので、まずは試してご自分に合うか見極めてみてはいかがでしょうか?

 

abceed 

     

Google Play で手に入れよう

学習時間と学習内容を振り返ってみた

 

今までがむしゃらにTOEICの勉強をしてきましたが、年も変わった事ですし、

ここらで今までの学習時間や学習内容を振り返ってみようかと思います。


さて、まずはデータ分析に使用したアプリですが、記録が残っているものだけに限り、以下からデータを集計します。

年ごとの細かい時間記録が確認できないところもあるので、Totalを最後に紹介したいと思います。


まず、記録が残っているもので一番古いのは2018年2月

この時のスコアは615点です。

 

この時は毎年3月にある社内のTOEIC IPに向けて勉強を開始したんです。

でも、3月になっても一向に開催されないので、おかしいな?と思って上司に聞いたら「今年は無い!」と言われ、折角勉強したからと、11月の公開テストを受けることにしたんです。

 

スタディサプリで8月頃まで(記録では半年間で70時間ほど)勉強したところで、abceedで金フレを使った語彙力UPに切り替え、

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

標準模試もこなして本番に。

TOEIC L&R TEST 標準模試2

TOEIC L&R TEST 標準模試2

 

 そうしたところ、一気に110点伸びました。

グラフで言う所のここ、

f:id:toeikuro:20200114140257p:plain

になります。

 

2018年11月の公開テストの結果を見て、Readingがヤバイ!と気づき、でる1000をabceedで購入して、ひたすら文法に取り組みました。

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

  • 作者:TEX加藤
  • 出版社/メーカー: アスク
  • 発売日: 2017/06/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 あと、文法特急2冊もやりました。

1駅1題  新TOEIC TEST文法特急

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

 

 

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

 

 一方Listeningは鬼変2で更なるスコアアップを目指します。

 そして2019年3月はIPテストが再開されたので、直前1か月前からは公式模試4で仕上げ。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4
 

 そこで初めての800点越えを果たします。

会社からは前回IPを受けてからの差で見られるので、615 → 805と一気に200点弱もUPしたからか、管理職の方々からちょっと注目。


そこからまた2019年11月の公開テストまで学習を続けますが、未だにReadingが400点を超えられないことに心を痛め、2周目のでる1000。

 

また、総合力を落とさないよう今回は早めに2か月前から模試を繰り返し解いて回答スピードのトレーニングもしました。

この時使ったのが、前述した公式問題集4と標準模試、それから精選模試2。

精選模試2の難易度は高く、本番前に少し自信を無くしましたが、問題は良質なので、高地トレーニングとして最適です。

 

TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング2

TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング2

 

 あと、abceed版の金のセンテンスを購入して、語彙力の穴埋めをしました。

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

 そして挑んだ11月の公開で30点UPの835点となりました。

ここまでが最新の結果です。

 

この時点で、abceedの学習時間が150時間ですね。

記録開始時:
2018年2月 → 615点

最新:
2019年11月 → 835点

スコア:220点UP
Total学習時間:230時間
*実際には、私は仕事の3~4割は英語なので、学習時間に含まれないが英語に触れている時間がそこそこある前提です。決して私が短時間で覚えられるタイプの人間ではないということをあらかじめお断りしておきます。


また、参考までに、abceedで使った教材の中で学習時間が多かったランキングをキャプチャしておきます。

 

f:id:toeikuro:20200114144530j:plain

結果、色々と教材を使った中で最も効果が高かったのは「スタディサプリTOEIC」ということになります。

600点台の頃なので伸びしろがあったからとも言えますが、その辺りのスコアで伸び悩んでいる方がおりましたら、オススメします。

 

振り返ってみると、Readingが学習時間に比例せずに伸びが鈍い印象。

反対に、軽い気持ちで受けているListeningの方が伸びているというやるせなさ。

まだ現状のやり方を疑うほど勉強時間が確保できていないと思えるので、今年はそこを何とかしてReadingを400点台に持って行けるようにしたいと思います。

というより、Readingが405点越えないと、仮にListening満点とっても目標の900点行かないんですよね。

今年の目標は860点といいましたが、Reading400点越えもサブの目標として掲げておこうかな。

新年のごあいさつと今年の目標設定

明けましておめでとうございます。

 

お正月ムードが抜けきらないところですが、年が明けたということで、

 

今年の抱負、目標について記していきたいと思います。

 

 

Twitterでは既に宣言しちゃってますが、今年の目標はズバリ

 

860点突破

 

としました。

 

860点突破は、IIBCが掲げる最高ランクとなります。

 

https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/pdf/proficiency.pdf

 

ここに書かれていることが本当かどうかは別として、、、

 

やっぱり「最高ランク」って響きはとても良いじゃないですか!

 

理由は下らないと思われるかもしれませんが、スコアが上がればこの際目的は何でも良いのです。

 

最早TOEICは私のライフワークで、生活の一部なので、気にしなくてもモチベーションは常にあるからです。

 

 

さて、現在835点ってところなので、実はもうあと25点で達成なんですよね。

 

目標低くね?と思われた方へ。

 

恐らく直近の試験は3月のIPテストになるので、ここで達成しちゃったら目標を上方修正します。

 

 

前述したように、私のスコアUP速度はハッキリ言って遅いです。

 

まとまった勉強時間が取れないので、細く長く続けていくスタイルだからです。

 

そのため、最終目標は900点なのですが、まずは現実的なところに目標設定をして、

 

ゆくゆくは突破していこうという魂胆なので御座います。

 

 

ここまでくると、段々と伸びしろが少なくなってくる領域なので、

 

スコアの伸びは間違いなく鈍化していくと思います。

 

ただ、わずかでも毎回スコアUPを目指して取り組んでいきたいと思います。

 

 

前述したように、次の試験は3月。(昨年の実績から言うと恐らく中旬)

 

そうすると実はあと2か月半しかないんですね。

 

年末にかけて、文法の穴を埋めるべく、基礎に立ち戻った学習を集中的に行ってきていましたが、

 

2か月を切った辺りからは模試を取り入れた学習に切り替えていこうと思っています。

 

 

 

私のフォロワーの皆様、前向きに学習に励んでいる方が多く、いつも励みになっています。ありがとうございます!

 

今年もよろしくお願いします!