地方在住パパのTOEIC学習記

TOEIC 300点台から独学で800点を超えを達成した記録

学習時間と学習内容を振り返ってみた

 

今までがむしゃらにTOEICの勉強をしてきましたが、年も変わった事ですし、

ここらで今までの学習時間や学習内容を振り返ってみようかと思います。


さて、まずはデータ分析に使用したアプリですが、記録が残っているものだけに限り、以下からデータを集計します。

年ごとの細かい時間記録が確認できないところもあるので、Totalを最後に紹介したいと思います。


まず、記録が残っているもので一番古いのは2018年2月

この時のスコアは615点です。

 

この時は毎年3月にある社内のTOEIC IPに向けて勉強を開始したんです。

でも、3月になっても一向に開催されないので、おかしいな?と思って上司に聞いたら「今年は無い!」と言われ、折角勉強したからと、11月の公開テストを受けることにしたんです。

 

スタディサプリで8月頃まで(記録では半年間で70時間ほど)勉強したところで、abceedで金フレを使った語彙力UPに切り替え、

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

標準模試もこなして本番に。

TOEIC L&R TEST 標準模試2

TOEIC L&R TEST 標準模試2

 

 そうしたところ、一気に110点伸びました。

グラフで言う所のここ、

f:id:toeikuro:20200114140257p:plain

になります。

 

2018年11月の公開テストの結果を見て、Readingがヤバイ!と気づき、でる1000をabceedで購入して、ひたすら文法に取り組みました。

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問

  • 作者:TEX加藤
  • 出版社/メーカー: アスク
  • 発売日: 2017/06/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 あと、文法特急2冊もやりました。

1駅1題  新TOEIC TEST文法特急

1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

 

 

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編

 

 一方Listeningは鬼変2で更なるスコアアップを目指します。

 そして2019年3月はIPテストが再開されたので、直前1か月前からは公式模試4で仕上げ。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 4
 

 そこで初めての800点越えを果たします。

会社からは前回IPを受けてからの差で見られるので、615 → 805と一気に200点弱もUPしたからか、管理職の方々からちょっと注目。


そこからまた2019年11月の公開テストまで学習を続けますが、未だにReadingが400点を超えられないことに心を痛め、2周目のでる1000。

 

また、総合力を落とさないよう今回は早めに2か月前から模試を繰り返し解いて回答スピードのトレーニングもしました。

この時使ったのが、前述した公式問題集4と標準模試、それから精選模試2。

精選模試2の難易度は高く、本番前に少し自信を無くしましたが、問題は良質なので、高地トレーニングとして最適です。

 

TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング2

TOEIC(R)テスト新形式精選模試リーディング2

 

 あと、abceed版の金のセンテンスを購入して、語彙力の穴埋めをしました。

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス (TOEIC TEST 特急シリーズ)

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のセンテンス (TOEIC TEST 特急シリーズ)

 

 そして挑んだ11月の公開で30点UPの835点となりました。

ここまでが最新の結果です。

 

この時点で、abceedの学習時間が150時間ですね。

記録開始時:
2018年2月 → 615点

最新:
2019年11月 → 835点

スコア:220点UP
Total学習時間:230時間
*実際には、私は仕事の3~4割は英語なので、学習時間に含まれないが英語に触れている時間がそこそこある前提です。決して私が短時間で覚えられるタイプの人間ではないということをあらかじめお断りしておきます。


また、参考までに、abceedで使った教材の中で学習時間が多かったランキングをキャプチャしておきます。

 

f:id:toeikuro:20200114144530j:plain

結果、色々と教材を使った中で最も効果が高かったのは「スタディサプリTOEIC」ということになります。

600点台の頃なので伸びしろがあったからとも言えますが、その辺りのスコアで伸び悩んでいる方がおりましたら、オススメします。

 

振り返ってみると、Readingが学習時間に比例せずに伸びが鈍い印象。

反対に、軽い気持ちで受けているListeningの方が伸びているというやるせなさ。

まだ現状のやり方を疑うほど勉強時間が確保できていないと思えるので、今年はそこを何とかしてReadingを400点台に持って行けるようにしたいと思います。

というより、Readingが405点越えないと、仮にListening満点とっても目標の900点行かないんですよね。

今年の目標は860点といいましたが、Reading400点越えもサブの目標として掲げておこうかな。